キャラ紹介

シャクティ
称号 蓮華神妃
所属 不明
異界 聖界(光を司る神々によって治められし異界)
「光を あなたに」
「貴方に もう一度立ち上がる力を…」
――光を司る神々によって治められし異界。
大地の豊かな実りと、人々の幸運を司る女神『シャクティ』。

恵みをもたらす『シャクティ』は人々から愛され、実りの季節には彼女を称える祝祭も催されます。
人々からの捧げ物が絶える日は無く、『シャクティ』は不自由の無い生活に満足していました。
……つい、昨日までは。

悠久の刻を生きる女神である『シャクティ』にとって、“不変”とは“退屈”と同義。
ある日、『シャクティ』は気の向くままに神殿を飛び出してしまいます。
変わり映えのしない、退屈な日々を終わらせるために。

――――――――――――――――――――――――――

――豊穣の女神『シャクティ』が神殿を去って数年。
豊かな恵みをもたらす彼女の”加護の力”を失った土地と民には、厳しい時期が続きました。
民はシャクティの加護に頼るばかりで、自らの力で豊穣をもたらそうとする努力を怠っていたから。

人々は女神の不在を嘆き……、嘆きはやがて恨みへと変わり、やがて最後には「与えられるままに生きてきた」自らのこれまでの行いを悔い恥じるようになりました。

それからの彼らは変わりました。
豊かな恵みを得られるように、自らの知恵と力を尽くすようになったからです。
勿論、すぐに結果が出るわけでは無く、長く厳しい時期はありましたが、これまでのただ安穏と過ごす日々から「自らの意志で生きる日々」へと変わったのです。
やがてその努力は結果へと繋がり、人々は自らの力で恵みを得られるようになっていきました。

「結果オーライ……かな?」