キャラ紹介

ソラナ・カルナ
称号 星々を詠む叡智
所属 不明
異界 聖界(光を司る神々によって治められし異界)
「幾千の星の教えよ」
光を司る神々によって治められし、さる異界。
星詠みの聖女として世界の行く末を見守るソラナはある日、微かな星の変化に気付く。

それは夜空で微かに煌めく小さな輝き、遥か彼方より降り注ぐ吉兆。
新たな世継ぎの誕生か、祈りに応えし神の息吹か――それとも。

多くの星詠みたちの中で唯一、ソラナだけがそれを見つけ、思わず感嘆の声を漏らしてしまう。
親友のヒカリや皆に予兆を伝えると、星詠みたちの宮殿はにわかに慌ただしい空気に包まれる。

「星の教えは運命の導き……行こう、みんなに伝えなきゃ!」